MENU

男性の妊活に知っておきたい「薬」について

薬は赤ちゃんに影響するので、妊娠中や授乳中の女性は薬を飲むのを控えていると思います。では、男性の場合はどうなのでしょうか。精巣で作られる精子は、薬の影響を受けるのでしょうか。『男性の妊活と薬の関係』について説明したいと思います。

 

まず、『精液を通じて女性に影響の出るもの』は妊活中に飲むのは控えましょう。

 

男性の妊活に影響が出る?飲まないほうがよい薬

影響が出ることが分かっているのは『サリドマイド』や『レナリドミド』など多発性骨髄腫の治療薬、C型肝炎の治療薬『リバビリン』、そして痛風の薬である『コルヒチン』です。

 

妊活中の人は、これらの薬はやめましょう。

 

ED(勃起障害)の治療に用いられるバイアグラやシアリス、レビトラなどは妊活中でも問題ありません。

 

実際、バイアグラを使用して妊娠に成功したという人はたくさんいます。バイアグラは陰茎海綿体に直接作用して、勃起を持続させるための薬です。精子に影響はありません。

 

バイアグラは精子の数を増やしたり状態を良くする効果はありませんので、『精子の数が少ない』人には妊活としての効果は期待出来ません。

 

精子を作る機能を回復する目的では、『クロミフェン』という薬があります。精子の濃度を上げ、運動率を改善させる効果があります。これらの薬はインターネットで買うことも出来ますが、きちんと病院で処方してもらってください。

 

一番おすすめなのは、副作用のないマカのサプリメントです。

 

次のページでは、男性用の妊活サプリメントをご紹介します。