MENU

男性の妊活にタバコはダメ?今すぐ禁煙するべき?

妊娠中の『女性』のタバコがタブーとされているのは、みなさんご存じだと思います。

 

もはや常識とも言える話ですよね。タバコは煙の方に害があるとも言われており、妻が妊娠したら夫も禁煙するという話も珍しくありません。いわゆる『受動喫煙』というやつです。では、妊活中の男性はタバコを吸っても問題ないのでしょうか。

 

妊娠中は良くないから吸わないという人も、「まだ妊娠していないから」と吸っている人もいます。

 

タバコは精子の数を減らす!?

これは男性に多いのですが、答えはノーです。実はタバコは精子の数を減らすことが分かっています。

 

喫煙者は、非喫煙者より精子の数が15〜25%ほど少ないのだそうです。

 

それだけではありません。タバコを吸うと、精子の『受精能力』が低下します。

 

受精能力とは、卵子と結合して受精卵になるための力です。このことから、妊活をするにはタバコはNGだということがお分かりいただけると思います。

 

そして、タバコはED(勃起障害)のリスクを40%も増加させるそうです。タバコを吸うと精子やDNAを損傷する確率が高くなるとも言われています。

 

たとえ妊娠したとしても、何かしらの障害を持った子が生まれる可能性が高くなるのです。造精機能にも影響を及ぼすタバコ、それでもあなたは吸い続けますか?妊活中の男性は、最低でも子作りを開始する3ヶ月前から禁煙をしましょう。

 

いきなり禁煙が難しいという人は、電子タバコから始めてみてはいかがでしょうか。口コミで人気の煙が多い爆煙仕様なら、満足感も高いですよ。

 

煙が多い電子タバコ【eRollスターターキットスペシャル】の詳細はこちら

 

次のページでは、男性妊活サプリランキング1位の「マカ」についてご紹介します。