MENU

妊活に対する夫婦の温度差について

赤ちゃんが欲しいと思っている人たちが、「赤ちゃんを授かるため」に行う様々な行動を総称して「妊活」と呼んでいます。妊活に積極的なのは、主に女性のほうが多いですね。

 

妊娠するためにはタイムリミットもあるため、どうしても女性のほうが「妊活」に対して積極的、かつ焦ってしまうものなのです。特に現代は晩婚化が進み、「結婚してから妊娠するまで」の時間がかなり短いという人も少なくありません。35歳を過ぎると妊娠しにくくなるというデータもありますから、結婚してから5〜6年しか「妊娠までの猶予がない」と思っている人もいるでしょう。

 

ところで、赤ちゃんが欲しいと焦るばかりに、夫との間に妊活に対する「温度差」が生じていませんか?温度差があればあるほど、妊娠する確率は下がってしまいます。ここでは、なぜ夫婦で温度差が生じてしまうのか、温度差をなくすためにはどうしたらいいのか、についてお話ししていきます。

 

温度差がないほうが妊活はスムーズにいく

 

言うまでもありませんが、夫婦の温度差がないほうが妊活はスムーズにいきます。妊娠したい、赤ちゃんが欲しいと思いすぎてしまうと、どうしても「焦り」が生まれます。まずは夫婦で「妊活」について、しっかりと話し合いましょう。そしてなぜ今妊活が必要なのかをしっかりと理由をつけて伝えることです。

 

たとえば、結婚したばかりだったり、年齢的にもまだ若かったりすると、男性は「子供はまだいいかな」と思ってしまうものです。この状態で女性だけが妊活に励んでも、「夫婦の温度差」は広がるばかりですね。

 

マカサプリメントも効果的?

 

「焦り」から温度差が広がっていかないように、子供が欲しいと思っているのなら、男性も積極的に妊活を行いましょう。難しいことは何もなく、まずは「マカサプリ」を摂取することをおすすめします。

 

サプリメントを飲むだけなら簡単ですよね!どんなサプリメントがいいのか迷ったら、「男性におすすめ!妊活サプリランキング」を見てみてください。この中から自分に合うものを見つけ、飲んでみましょう。あなたが妊活に積極的な姿勢を見せることで、夫婦の温度差もなくなっていくと思います。

 

男性におすすめの妊活サプリランキング1位は?